2008年07月22日

ご家族にとっての保険の役割とは?・・・A

前回の@に引き続き保険の役割について
触れてみたいと思います。

皆様はどのような事に備えて保険に加入されていますか?
 
 「亡くなったら・・・」

 「入院したら・・・」

 「老後の生活の為・・・」

多くの方はこの3つのいずれかに
該当するのではないでしょうか。


では、その自分が備えているもの(保険)は
安心できる内容にきちんとなっていますか?


「自分は大丈夫!」と思っている方も
ちょっと考えてみてください。
前回触れたように多くの方は自分の保険の
内容を把握されていません。

把握していて大丈夫とおっしゃっている方は
「すばらしいですね!」と私は御世辞なく言えます。

しかし、把握していないにもかかわらず
大丈夫とおっしゃる方がいましたら
私はその方の将来が心配です。

きっかけは何でも良いと思います。

「社会人になる時・・・」
「結婚する時・・・」
「マイホームを持つ時・・・」
「子供が産まれた時・・・」

そういえば・・・とか、どうだったかなぁ・・・とか、
ふと考えた時。その時こそが保険という何だか
難しそうなものと向き合う時なのだと私は思います。

そして一つ言える事は、保険の基本構造は
決して複雑ではないのだと!!


次回は、保険の基本構造に関する部分に
触れてみたいと思います。
ラベル:保険 役割 家族
posted by ローン君 at 21:46| Comment(31) | TrackBack(1) | 保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月04日

住宅ローンの借入金額の目安について

少し期間が空いてしまいましたが、
今回は住宅ローンの借入金額について
目安となる情報をお知らせしたいと思います。

皆様は住宅購入を考えられた際に一体自分は
ローンをどの位組めるのだろうか・・・と考えられるかと思います。
今回はその目安を知っていただけるような情報をお伝えします。



■一つ目

お借入される方のご年収の
約5〜6倍という目安です。
(例)借入申込人年収 500万円の場合
   500万円×5=2,500万円 というように
   単純計算にて総額の目安を知るのも一つの方法です。


■二つ目

返済比率による目安です。
年収や銀行によっても基準ラインが違いますが、
おおよその方が判断するのは、25%〜35%の範囲だと
想定されます。
計算方法は次の通りです。
年収×返済比率=年間返済額
年間返済額÷12(ヶ月)=月返済額(上限)
(例)年収 500万円
   返済比率 30%以内 の場合
   5,000,000×30%=1,500,000
1,500,000÷12(ヶ月)=125,000円 となります。
   よって、この場合月々のローンの支払額は125,000円
   以内が上限となります。
但し、あくまでもこれは目安で、銀行によっては審査する
金利等が異なりますので一概には言えません。

詳しくは、各銀行のHP等による返済計算シュミレーションを利用
されるか、窓口等にてご相談下さい。



(例:三井住友銀行 住宅ローン簡単シュミレーション)
https://www.smbc.co.jp/odc/servlet/odc.odccommon.odcbase.OdcServlet



当方でも、個別に相談を受付する場合もございますので、お気軽にお問い合わせ下さい。
※但し、札幌市内及び近郊以外の方は対応出来かねますので
ご了承願います。
posted by ローン君 at 13:50| Comment(3) | TrackBack(0) | 住宅ローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。