2008年07月22日

ご家族にとっての保険の役割とは?・・・A

前回の@に引き続き保険の役割について
触れてみたいと思います。

皆様はどのような事に備えて保険に加入されていますか?
 
 「亡くなったら・・・」

 「入院したら・・・」

 「老後の生活の為・・・」

多くの方はこの3つのいずれかに
該当するのではないでしょうか。


では、その自分が備えているもの(保険)は
安心できる内容にきちんとなっていますか?


「自分は大丈夫!」と思っている方も
ちょっと考えてみてください。
前回触れたように多くの方は自分の保険の
内容を把握されていません。

把握していて大丈夫とおっしゃっている方は
「すばらしいですね!」と私は御世辞なく言えます。

しかし、把握していないにもかかわらず
大丈夫とおっしゃる方がいましたら
私はその方の将来が心配です。

きっかけは何でも良いと思います。

「社会人になる時・・・」
「結婚する時・・・」
「マイホームを持つ時・・・」
「子供が産まれた時・・・」

そういえば・・・とか、どうだったかなぁ・・・とか、
ふと考えた時。その時こそが保険という何だか
難しそうなものと向き合う時なのだと私は思います。

そして一つ言える事は、保険の基本構造は
決して複雑ではないのだと!!


次回は、保険の基本構造に関する部分に
触れてみたいと思います。
ラベル:保険 役割 家族
posted by ローン君 at 21:46| Comment(31) | TrackBack(1) | 保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月04日

住宅ローンの借入金額の目安について

少し期間が空いてしまいましたが、
今回は住宅ローンの借入金額について
目安となる情報をお知らせしたいと思います。

皆様は住宅購入を考えられた際に一体自分は
ローンをどの位組めるのだろうか・・・と考えられるかと思います。
今回はその目安を知っていただけるような情報をお伝えします。



■一つ目

お借入される方のご年収の
約5〜6倍という目安です。
(例)借入申込人年収 500万円の場合
   500万円×5=2,500万円 というように
   単純計算にて総額の目安を知るのも一つの方法です。


■二つ目

返済比率による目安です。
年収や銀行によっても基準ラインが違いますが、
おおよその方が判断するのは、25%〜35%の範囲だと
想定されます。
計算方法は次の通りです。
年収×返済比率=年間返済額
年間返済額÷12(ヶ月)=月返済額(上限)
(例)年収 500万円
   返済比率 30%以内 の場合
   5,000,000×30%=1,500,000
1,500,000÷12(ヶ月)=125,000円 となります。
   よって、この場合月々のローンの支払額は125,000円
   以内が上限となります。
但し、あくまでもこれは目安で、銀行によっては審査する
金利等が異なりますので一概には言えません。

詳しくは、各銀行のHP等による返済計算シュミレーションを利用
されるか、窓口等にてご相談下さい。



(例:三井住友銀行 住宅ローン簡単シュミレーション)
https://www.smbc.co.jp/odc/servlet/odc.odccommon.odcbase.OdcServlet



当方でも、個別に相談を受付する場合もございますので、お気軽にお問い合わせ下さい。
※但し、札幌市内及び近郊以外の方は対応出来かねますので
ご了承願います。
posted by ローン君 at 13:50| Comment(3) | TrackBack(0) | 住宅ローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月04日

住宅ローンの利用条件について

今回は、住宅ローンのご利用に際しての条件について
少し触れてみたいと思います。

住宅ローンの利用条件として、大きく3つのポイントがあります。


▼一つ目は、年齢。(20歳以上65歳以下)

▼二つ目は、勤続(事業)年数。(勤続1年(事業年数2年)以上)

▼三つ目は、信用状況。(過去から現時点迄の借入状況及び延滞の有無)


※上記三つの条件には各金融機関ごとに
異なる基準等がございますので、ご注意下さい。



では、この基準が少しでも満たせなければ、
ローンの取扱が出来ないのでしょうか?

いえ、あくまでも基準は基準で、状況によっては取扱出来る
場合もございますので、金融機関または当社にご相談下さい。

次回は、借入金額等の目安について触れてみたいと思います。
posted by ローン君 at 18:57| Comment(20) | TrackBack(0) | 住宅ローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月23日

ご家族にとっての保険の役割とは?・・・@

皆様のご家族にとっての保険の役割について、
少し触れてみたいと思います。


多くの方は、生命保険と名のつくもの(生命共済等も含む)
にご加入されている事と思います。
その内容について、どの程度把握されていますか?
例えば、「自分が万が一亡くなってしまったら・・・」とか
「入院したら1日いくら・・・」とか、いろいろな保障があると思います。

このブログをご覧いただいている方が、皆さん把握されて
いたら大変喜ばしいことです。しかし、現実は把握していない
又は、把握しきれていない方が多数だと思います。



では、一体皆さんは毎月保険料を何のために支払っているのでしょう?
「毎月多くの保険料を支払って掛けているから
安心だ!」という考えの時代は終わりました。

今や国の保険制度もどんどん変わり、ますます個人負担が増えそうな状況ですよね!
では、国で保障されなくなった分をどのように皆さんはまかないますか?
例えば、今ご加入の保険でまかなえますか?


保険とは、何かあった時に備えるためのお守りの役目だと私は思います。
しかし、そのお守りも時代や家族の変化に伴い変化させなくてはなりません。
(保障内容を状況に合わせて見直すと言う事です)
変化させるのは、人が成長とともに洋服を大きくする
のと同じような考えなのです。



次回からは、少しずつ保険の役割を掘り下げていきたいと思います。
posted by ローン君 at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月20日

住宅(不動産)取得時の税金について

皆様は住宅(不動産)を取得される際に
どのような税金がかかるかご存知ですか?

固定資産税はきっとご存知でしょう!
その他にもいくつかあるのです。

一つは、印紙税。
これは、契約書に貼る収入印紙の事です。
(銀行ローンを利用される場合には
金銭消費貸借契約書等にも貼ります)

二つ目は、登録免許税。
これは、不動産購入に伴う登記手続きの際に
発生してきます。

そして三つ目は、不動産取得税です。
この三つ目が以外と忘れがちになる税金です。
取得した際に一度だけ発生するのですが、
取得してから数ヵ月後位に通知書が届くので
驚かれる方も結構多いんですよ!
そして、この取得税には軽減措置がある事も
忘れないでいただきたいポイントですね!!
※条件によっては軽減が受けられない場合も
ありますのでご注意を!

というように一般的にもこのようにいくつもの
税金がかかる事を認識の上、住宅(不動産)取得を
目指していただきたいと思います。

※取得方法やその他の条件により、上記以外の税金が
発生する場合もございますので、ご注意下さい。
posted by ローン君 at 13:07| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月19日

住宅取得に関わる住宅ローンの役割

はじめまして!!

当ブログ「一国一城の主への道」では、
住宅取得に関わる住宅ローンの役割(概要等)について、
少しずつ皆様にお伝え出来ればと思い始めました。

これから当ブログをご覧いただく方の中には、
「もう住宅を購入された方」
「これから住宅を取得される方」
「将来的には住宅を取得したいと考えている方」等など
色々な方がいらっしゃると思います。

人間の生きていく上での基本的な事として、
「衣・食・住」とありますが、
住宅はこの「住」の部分に該当します。
(当たり前のことですが・・・)

さて、この「住」ですが自分で持つとなると、
とても大きな買い物になりますよね!
これから自分の家を持とうとお考えの方は
ドリームハウスという言葉があるように、
マイホームへの夢を大きく描いていることでしょう。

しかし、ふと現実を見たときに貯金でマイホームを
手にする事が出来る人は一体どれくらいいるのでしょう?
大半の人は「そんなの無理だ」とおっしゃるでしょう。

そこで活躍するのが「住宅ローン」なのです。




「えっ、ローンなんて嫌だ!!」いう方もいるでしょう。
しかし、貯金でマイホームを手に出来るとしたら
一体いつになるでしょう?

手に出来る頃には子供は独立し、
今更自分の家に対する情熱も・・・。

なーんて事もありえますよね。





子供さんも家の中で遊びまわる事はままならない
賃貸生活を送らなくてはならない状況もありえます。
はたしてそれで子供さんが
のびのびと成長しているといえるのでしょうか・・・



長くなってしまいましたので、話を少し本題に戻します。

住宅ローンとは使い方に次第で、考えている以上に
マイホーム取得の夢を叶えられる時期を早めてくれる便利なものだと私は思います。勿論、デメリットもあります。そこをしっかり踏まえて利用すれば、将来苦しむことは恐らく無いでしょう!苦しんでいる方は、このデメリットを理解せず(又は、説明が無く理解できず)安易に利用されたか、やむ終えない事情があったかのいずれかだと思います。

私は、お客様とお話しする時に必ず良い話(メリット)だけではなくデメリットもお話します。
それは、私ではなくお客様ご家族の将来にとても重要な事だからです。

今回皆様にお伝えしたい事は、住宅ローンとは便利なものですが、必ずリスク(デメリット)も理解し、きちんと納得した上でご利用する事をお勧めいたします。

次回は、「住宅ローンの利用条件等について」お伝えできたらと思います。
posted by ローン君 at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。